メニュー

肛門外科

肛門周辺に生じる疾患のそのほとんどはです。当院では切らない痔の手術(ジオン注)取り扱っております。当院の院長は大腸肛門病の専門医でもありますので、ぜひ安心してご受診いただければと思います。

肛門の主な病気

おしりのトラブルは排便に直接的にかかわる問題です。出血や痛みを伴うことが多いため、自然とトイレを避けるようになられる方も多いです。また、痔を恥ずかしく感じることで受診をためらう方も少なくありません。無理に我慢し続けることで症状がひどく悪化したり、他の重大な病が見逃されている可能性もあります。

近年さまざまな良い薬が開発されていますので、ぜひ早期に専門医までご相談いただければと思います。わかりやすいリーフレットもご用意していますので、日常生活でできる改善方法なども参考にしていただければと思います。

おしり内部

目次

痔疾患

痔のタイプには以下の3種があります。男女問わず患われている方は非常に多いです。女性では出産後から痔に悩まされる方も多いです。

いぼ痔(痔核)

いぼ痔過度のいきみや血行障害によって起きる肛門部分の腫れです。肛門の入口から約2cm奥にある境界部分から、内部にある痔核を「内痔核」と呼び外側にある痔核を「外痔核」と言います。痔のほとんどの場合がこのいぼ痔(痔核)です。

内痔核は通常は痛みがありませんが、排便時に出血を生じやすく、大きくなると肛門外に脱出することがあります。脱出した場合は、軽度であれば座薬や軟膏で治療できる可能性があります。改善がない場合はジオン注や手術による治療が必要となります。外痔核は皮膚と同じ組織でできているため激しい痛みを生じます。特に血豆ができような状態になると痛みはさらに増幅しますので治療が必要です。

内痔核

ジオン注とは

ジオン注脱出を伴う内痔核(排便時に出る・常時出たままになっている)に対して行う治療法です。薬剤を注射で投与し、いぼ痔を硬化させます。とび出た痔が小さくなることで出血等の症状を改善します。“切らない手術”としても昨今注目を集めている治療法です。

切れ痔(裂肛)

切れ痔肛門部が切れる症状を言います。便秘など硬い排便の際などに切れることが多く、痛みやかゆみを伴います。痛みが強い方ほどトイレ遠ざけるようになり、結果的に便秘を引き起こすなど悪循環を招きやすいのも特徴です。薬で治療するのが一般的ですが、慢性的に切れてしまう場合には手術を行うこともあります。

 

あな痔(痔瘻)

あな痔肛門周辺に瘻管と呼ばれる管状の穴が空き、そこから膿が出る疾患です。多くは下痢などの際に、細菌が肛門周辺に侵入して炎症を起こすことで肛門周囲膿瘍という膿のたまりができ激痛を伴います。そこから皮膚に自壊(穴が開く)して瘻管ができます。根治には手術が必要となる場合があります若年から中年の男性に多くみられます。重篤になると、あな痔からがんが発生することもありますので早めにご受診ください。

肛門搔痒症(こうもんそうようしょう)

肛門に強いかゆみを感じる病気です。かぶれが原因の場合もありますが、皮膚の状態に異常は特にみられないのにかゆみを生じていることもあります。状態をしっかりと確認した上で薬の処方などを行います。女性の患者さんは特に恥ずかしく感じられて受診をためらわれる方も多いですが、ぜひ症状が悪化する前に診察にお越しください。

 

痔疾患は出血や下血を伴う症状が多いですが、その出血が実は痔ではなかったというケースも日々の診療に現場にはよくあることです。直腸がんによる出血である場合には、早期の治療が不可欠です。ご自身の判断だけで痔だと思い込んで放置したままにすることは大変危険です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME