メニュー

食道の主な病気

食道D食事という日常生活に直接的に関わる重要な臓器のひとつである食道。喉から胃にかけて繋がる管状の消化管です。成人で約25~30cm程度の長さがあり、主に胃に食べ物を運ぶ役目を担っています。

食道において病が進行すると治療が困難になるだけでなく、毎日の生活に深刻な影を落とすこととなります。

 目次

逆流性食道炎 

食生活の欧米化や高齢化に伴い、当院でも男女問わず患者数が急増している病です。最近では若年層の方にも多くみられます。

  • 脂っぽい食事を好む方
  • ストレスの多い生活を送られている方
  • 過食や刺激物、甘いものの過剰摂取
  • 食べるスピードが速い方
  • 肥満
  • 腰が曲がっているご高齢の方 などに特に顕著に表れます。

逆流性食道炎

胸や喉に「チクチク」「イガイガ」とした不快感を感じたり、強い胸やけが表れるのが特徴的です。胃酸が食道に逆流することで食道の粘膜に炎症をきたし、胸部の違和感・嘔吐・げっぷのほか、粘膜にただれや潰瘍を生じることがあります。ひどくなると食道内に狭窄を起こし、食べ物が通りにくい状態となるため生活の質にもダイレクトにダメージを与えます。

食事の際だけでなく、普段から症状が続くような場合には早めの治療開始が肝心となる病です。診断をつけるには内視鏡が欠かせません。ときに食道がんが見つかることも珍しくありませんので、違和感を感じたら何よりも早期の受診が大切です。

主には胃酸を抑える薬の服用で治療を行いますが、ひどいと手術が必要となる場合もあります。薬の服用により症状がある程度改善されたからといってもご自身だけの判断で服用を中止することは危険です。また、ご自身の生活スタイルの見直しも同時に必要となります。

食道裂孔ヘルニア

横隔膜から食道が通る穴を食道裂孔(しょくどうれっこう)と呼びます。本来は横隔膜の下に位置すべき胃の一部が、加齢や腹圧の上昇により食道側(上部)に飛び出してしまうことを食道裂孔ヘルニアと言います。逆流性食道炎の原因となるだけでなく、放置することで進行してしまうと心臓や周辺臓器を圧迫してしまう可能性があります。

バレット食道

逆流性食道炎を繰り返すと食道粘膜が変化し、バレット食道と呼ばれる状態になります。これは食道がんの発生リスクが高まっている状態です。内視鏡を用いてまずは食道がんの有無を詳しく精査する必要があります。

食道がん

がんの恐ろしさは自覚症状がなく進行していく点です。食道がんも同様に、「食べ物が飲み込みにくい」「食べ物を飲み込む際にしみるような痛みを感じる」といった症状がみられる頃にはかなり進行した状態も考えられます。多くは食道粘膜から発生し、進行すると食道が狭くなったり腹部や首のリンパ節にまで転移します。さらに腫瘍が大きくなってくると食道に圧迫感や鈍痛を感じ、飲み込みにさらなる障害が出始めます。

生存率的にも数値はとても低く、早期発見のためには定期的な検診や内視鏡を用いた精緻な検査が必要となります。内視鏡レベルで切除可能な早期にまずは異変を見つけ出すことが重要です。

40代後半から罹患率が増加し、特に日常的に飲酒や喫煙をされる方の発がん率は最大で50倍に跳ね上がります。

手術が必要となる場合には進行度合いによって、首・胸・腹部を開いての大掛かりなものとなる場合もありますので、身体が受けるダメージは非常に大きなものとなります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME