メニュー

一般内科について

当院は消化器内科を専門としながらも、一般的な内科診療をはじめとしたさまざまな病気のプライマリケアを行っています。

一人一人の患者さんと誠実に向き合い、お悩みの声にしっかりと寄り添いながら日々の診療に取り組んでいます。高度な医療機関とも連携し、患者さんにとっての最良のケアの実現を目指します。

主な内科の疾患

目次

風邪等の感染症一般

急な発熱・せき・鼻水・のどの痛み・インフルエンザ・咽頭炎・腹痛・胃痛などによる体調不調のほか、内科全般にわたる幅広い診療を行っております。軽度で病院にかかるほどでもないとお感じの場合でも、年齢や健康状態によっては重い疾患に繋がる可能性があります。また、原因がはっきりせず、長期間悩み続けられている症状がある方などもまずはお気軽にご相談いただければと思います。

また、インフルエンザワクチンのほか、各種予防接種を取り扱っております。肺炎球菌ワクチン・麻疹・風疹・おたふく・水疱瘡といった一般的な予防注射広く扱っております。

花粉症等のアレルギー疾患

当院では花粉症をはじめとした各種アレルギー治療とアレルギー検査を取り扱っております。検査結果は比較的早く判明いたしますので、迅速かつ適切な対処が可能となります。また治療に関しては、内服治療に加えて注射による治療も行っておりますのでご相談ください。

喘息等の呼吸器疾患

長引いた風邪と混同しやすいのが喘息です。3週間以上長く続く咳やヒューヒューといった喘鳴、呼吸のしにくさといった点で気になることがあれば早期にご受診ください。咳喘息は自然に治ることもありますが、気管支喘息の前段階とも言われますので悪化する前に適切な対処が重要です。

不整脈等の循環器疾患

不整脈にもさまざまなタイプがあります。脈の乱れや苦しさを感じたら、それがどのように始まり止まったかなど簡単にメモをつけるなどして診察にお越しいただけると参考にできます。不整脈は精神的ストレスや過労、飲酒、喫煙など生活習慣にも密接に結びついています。いつもと違う感覚や動悸やめまいなどを感じたら、我慢しないですぐにご受診ください。

膀胱炎や排尿障害の泌尿器疾患

高齢化に伴い、排尿障害(排尿困難・頻尿・尿失禁など)を訴える患者さんは増加の一途です。症状も人によりさまざまで、前立腺肥大など一人一人の抱えられている問題はより複雑です。日常生活に深刻な影響が出る前にまずはご相談ください。

甲状腺等の内分泌疾患

バセドウ病などを代表とした機能亢進症では動悸や発汗、精神不安などといった症状が出やすいため、更年期症状混同しやすいものでもあります。またその逆であり橋本病を代表とする甲状腺機能低下症があります。近年ではさまざまな治療薬が開発され、早期に正しい診断を行い治療開始することが肝要です。

骨粗鬆症

特に高齢の女性に多くみられる病です。“いつの間にか骨折”という言葉でも称されるように、全身の骨がもろくなり次々と骨折しやすい状態に陥ります。食事や運動の改善を行うことがカギを握ります。心理面も大きく関わってくる病ですので、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)の向上のためにも効果的な対策を早期に講じることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群

その名の通り、睡眠時に呼吸が止まる病です。無呼吸状態が断続的に続くと、寝不足や酸欠など体への悪影響が生じ、呼吸の弱まりやひどい場合には心不全といった深刻な事態を引き起こす可能性があります

主原因として特に問題視されているのは肥満です。肥満は高血圧などの生活習慣病や心臓疾患の発生リスクも高める危険因子です。まずは一度ご相談いただき、正しく精査した上で根本的治療を根気強く進めることが大切です。当院ではCPAP療法もっております。

漢方治療

ご希望の患者さんには丁寧なカウンセリングに加えて漢方を用いた診療も可能です。患者さん一人一人に応じてよりきめ細やかにオーダーメイドな治療を施すことが可能です。

 

適切な早期の処置、十分な休養を取ることで改善・治癒するケースがほとんどですが、一方で重大な病気の前兆が隠れている場合もあります。どのような疾患においても、早期発見・早期治療は鉄則です。ささいな症状と感じられても、気になることがあればお早めにご受診ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME